超高層ビル(子会社)A列車で行こうExp攻略

高層ビル1

建設費用
約112億
必要資材
175
サイズ
40×40
消費電力
170kwh
最大乗客数
約320人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=小

欠点のない優秀な子会社。 見た目はオフィスビル1~8と変わらないが、周辺環境が良ければ、年間で150億以上の利益が出る。 ただし、周辺に与える影響は、36階建ての超高層ビル1に劣る。

高層ビル2

建設費用
約112億
必要資材
200
サイズ
40×40
消費電力
180kwh
最大乗客数
約330人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=小

高層ビル1と大きな差はない。 なので、非常に優秀な子会社。 ただし、高層ビル1同様に、周辺に与える影響は36階建ての超高層ビル1に劣る。

高層ビル3

建設費用
約101億
必要資材
220
サイズ
60×40
消費電力
200kwh
最大乗客数
約260人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=小

利益率、周辺に与える影響は、高層ビル1高層ビル2と大きな差はない。 ただし、少しサイズが大きいので、乗客数の違いは大きい。

高層ビル4

建設費用
約92億
必要資材
240
サイズ
60×40
消費電力
220kwh
最大乗客数
約210人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=小

サイズが貴重な60×40なので、配置する機会の多い子会社。 建設費は安価だが、高さは高層ビルの中では最大。 乗客数が物足りないので、資金とサイズに余裕がある場合は、36階建ての超高層ビル1超高層ビル2を建てた方が、全ての面でプラス要素が多い。

超高層ビル1

建設費用
約153~254億
必要資材
300~500
サイズ
60×60
消費電力
300~500kwh
最大乗客数
約420~800人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=小

乗客数は36Fが約420人、48Fが約630人、60Fが約800人。 超高層ビルの中で最も建設費は安いが、利益率、乗客数に大きな差はない。 ただし、周辺への影響は、超高層ビル3超高層ビル4に劣る。

超高層ビル2

建設費用
約186~302億
必要資材
360~600
サイズ
60×60
消費電力
300~500kwh
最大乗客数
約440~830人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=

乗客数は36Fが約440人、48Fが約700人、60Fが約830人。 48Fは超高層ビルの中で、最も乗客数が多くなる。 周辺に与える影響が、超高層ビル1よりも若干大きい。

超高層ビル3

建設費用
約214~353億
必要資材
420~704
サイズ
60×60
消費電力
300~500kwh
最大乗客数
約500~830人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=/ビジネス=/文化=小/レジャー=

乗客数は36Fが約500人、48Fが約680人、60Fが約830人。 36Fは超高層ビルの中で、最も乗客数が多くなる。 周辺に与えるプラス効果が非常に大きいので、この超高層ビル3を複数隣接させると、その子会社の利益が大きく増える。 なので、利益の大きい子会社に優先して隣接させると効果的。

超高層ビル4

建設費用
約222~353億
必要資材
483~803
サイズ
60×60
消費電力
300~500kwh
最大乗客数
約460~820人
最多乗車帯
18時~19時(高層ビル型
周辺影響
商業=/ビジネス=/文化=小/レジャー=

青色の外観の少し高級感がある超高層ビル。 乗客数は36Fが約460人、48Fが約610人、60Fが約820人。 なので、48Fと60Fの乗客数は超高層ビル2に劣る。 周辺に与える影響は超高層ビル3と同等なので、利益の大きい子会社に隣接させると効果的。

その他の子会社