利益の大きい子会社(子会社利益)A列車で行こうExp攻略

子会社の利益(売上)に影響する要素

以下が子会社の利益(売上)に影響する主な要素です。 とくに「周辺影響・人口・サイズ」の3つは、子会社の利益に大きく影響します。

また、子会社は資産税が発生します。 年間利益が建物価格の20%以下だと、資産税で赤字になる可能性があります。 売却価格が500億以上の場合は、50%でも赤字になる可能性があるので注意して下さい。

周辺にある子会社(建物)の周辺影響
影響大】 隣接もしくは周辺にある建物の周辺影響は、子会社の利益に大きく影響します。 とくに商業とビジネスに与える影響が大きい建物が周辺に多数あると、利益は確実に増えます。
周辺影響を考えるのは少し難しいので、超高層ビル3超高層ビル4ARヒルズを隣接させる、もしくは周辺に多数建設すると利益が増えると考えて下さい。
景気
影響大】 景気は「Market」→「景気グラフ」で確認できます。 当たり前ですが、景気が良いと利益が増え、悪いと利益が減ります。 鉄道博物館国際空港などのプロジェクトを実行することで、一時的に景気を回復させることができます。
産業構成比
影響小】 子会社の利益に与える影響は小さいですが、商業とビジネスの比率が他の比率よりも多い状態がベストと考えて下さい。 産業構成比は「Report」→「都市情報」で確認できます。
都市の人口
影響大】 都市の人口が少ないと、子会社の利益は少なくなります。 人口1000人と20万人を比べた場合、年間利益に50億以上の差が出る子会社もあります。
周辺の人口
影響大】 人口が影響している部分も大きいので、一概には言えませんが、周辺に住宅が少ないと、子会社の利益も少なくなります。
駅・バス停の乗降客数
影響中】 範囲内にある駅・バス停の1日の乗降客数が多いと、子会社の利益は増えます。 ただし、1日の乗降客数が0人と10万人の差は非常に大きいですが、10万人と50万人の差は殆どありません。
道路
プラス効果影響小】 道路沿いに子会社を建設すると、利益が少し増えます。 ただし、周辺影響が大きい子会社を隣接させた方が利益は増えるので、「何もないよりはマシ」くらいに考えて下さい。
線路
マイナス効果影響中】 線路の近くに子会社を建設すると、利益は少なくなります。 なので、駅舎に子会社を隣接させると線路が近くなるので、利益は少なくなります。
海・川・湖
マイナス効果影響中】 海・川・湖はマイナス効果というよりも、何もプラス効果が得られないので、結果的に利益は少なくなります。 なので、港以外の海(水面)に建設する子会社は、利益を増やすのが難しいと考えて下さい。
子会社のサイズ
ブラス効果マイナス効果影響大】 サイズが大きいと多くの子会社を隣接できるので、利益を増やすのが非常に簡単です。(プラス効果) ただし、サイズが大きいと資産税が高くなります。 なので、年間で50億以上の利益が出ていたとしても、資産税で赤字になる可能性があります。(マイナス効果)
とくに地方競馬場ショッピングモール宇宙センター総合競技場は、利益が少ないと資産税で赤字になっていることが多いので注意して下さい。

景観にこだわると利益が減る

街の景観重視で子会社を配置していくと、子会社の利益は大きく減ります。 例えば神社の両サイドに祭り地方競馬場桜公園で囲む、五重塔和菓子店そば屋を隣接、などの配置をすると、子会社の見栄えが良くなります。 ただし、周辺からのプラス影響が少なくなるので利益も少なくなります。

「利益が増える+見栄えが良い」といった配置も不可能ではありませんが、見栄えにこだわる人は、利益は二の次だと思います。 なので、見栄え重視で配置した子会社は、調整区域を設定後、売却するのがベストだと思います。

利益の大きい子会社

以下が利益の大きい主な子会社です。 建設費用が500億以上のランドマークも、大きな利益を出せる子会社ですが、建設費を回収するまでに時間がかかるので除外しています。

子会社名 目標年間利益
国際空港 1500億~2500億
鉄道博物館 400億~700億
ARヒルズ 300億~500億
旅客港 300億~600億
高層マンション6 150億~250億
アウトレット 200億~250億
ショッピングモール 180億~250億
総合競技場 200億~250億
地方競馬場 200億~300億
神社(山) 200億~350億
タワービル 150億~200億
五重塔 250億~300億

最も大きな利益を出せるのは国際空港です。 周辺に超高層ビル3超高層ビル4高層マンション6ARヒルズを隙間なく建設し、列車かバスで乗客を発生させれば目標年間利益になります。 旅客港高層マンション6以外の子会社も、同じ方法で目標年間利益になります。

旅客港は、海のあるマップにしか配置できず、運行頻度と船の種類によって利益が大きく変わります。 なので、当たりを引けば、目標年間利益になると考えて下さい。

高層マンション6は、人口(住宅)が子会社利益に影響するので、優先して建設すべき子会社だと思います。 かなりの費用と資材が必要になりますが、まとめて配置して道路で囲めば、バス運行のみでも利益が出ます。(詳細は「高層マンション6で資金と人口を稼ぐ方法」参照)

また、アウトレットなどのサイズが80×120以上の子会社は、資産税が高くなります。 なので、年間利益が目標年間利益の50%以下だと、実際の利益は非常に少なくなります。 最悪の場合は赤字です。 逆にタワービル五重塔はサイズが小さいので、資産税を気にする必要はありません。