発電所(子会社)A列車で行こうExp攻略

火力発電所

建設費用
約125億
必要資材
240
サイズ
80×60
発電力
100000kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/商業=/ビジネス=

1kwhの単価が最も安い発電所。 なので、エコにこだわりがなければ、最もコスパが良い。 ただし、撤去費が建設費よりも高いので注意。 サイズは大きいが、乗客数は少ない。

原子力発電所

建設費用
約458億
必要資材
360
サイズ
80×100
発電力
180000kwh
最大乗客数
約150人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/商業=/ビジネス=

撤去費が建設費の約10倍。 なので、最終的にエコ電力100%を目指す場合は、建設しない方がよい。 利益率は高いが、供給量が足りている状態で建設すると大きな赤字を垂れ流す。

核融合発電所

建設費用
約880億
必要資材
400
サイズ
80×100
発電力
370000kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/商業=/ビジネス=

発電力が最も大きい発電所。 撤去に約1兆円必要になるので、これを建設する場合は、エコ発電を諦めるべき。 供給量が足りている状態で建設すると莫大な赤字を垂れ流すので、かなり使いづらい。

風力発電所

建設費用
約1億
必要資材
3
サイズ
2×2
発電力
1000kwh
最大乗客数
約10人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=小/商業=/ビジネス=

エコ発電。 最も発電力が小さい発電所。 サイズが小さいので、空きスペースに配置しやすい。 発電量が少なすぎるので、乗客が発生するアイテムと考えた方がよい。

風圧発電所

建設費用
約2億
必要資材
6
サイズ
7×7
発電力
3000kwh
最大乗客数
約10人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=小/商業=/ビジネス=

エコ発電。 都市をゆっくりと発展させたい場合に使える発電所。 海岸沿いにマッチする。 発電量が少ないので、需要が増えたらソーラーパネル潮力発電所への切り替えが必要。

ソーラーパネル

建設費用
約8億
必要資材
20
サイズ
40×40
発電力
10000kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=小/商業=/ビジネス=

エコ発電。 各マップの序盤に最適な発電所。 建設費と発電量のバランスが良い。 一般的には、山の中腹に建設するのが基本。 複数並べて配置すれば、最近話題のメガソーラーが再現できる。

潮力発電所

建設費用
約225億
必要資材
160
サイズ
30×107
発電力
120000kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/商業=/ビジネス=

エコ発電。 発電力が10万以上の発電所の中では、最も使いやすい。 Geoで水面をつくれば、ある意味どこでも配置できる。 ただし、海に建設する場合は、船の運航の妨げにならないように注意が必要。

地熱発電所

建設費用
約524億
必要資材
280
サイズ
80×100
発電力
250000kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/商業=/ビジネス=

エコ発電で最も発電量の多い発電所。 ただし、1kwhあたりの建設費は最も高い。 供給量が十分に足りている状態で建設すると、大きな赤字を出すので注意。

その他の子会社