資材工場(子会社)A列車で行こうExp攻略

資材工場(小)

建設費用
約19億
生産数
16個
サイズ
40×60
消費電力
400kwh
最大乗客数
約120人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/文化=小

最も生産コストが安い資材工場。 資材1個あたりの建設費が約1.2億。 1マス(40×40)あたりの乗客数も、中・大より多い。 なので、資材工場をまとめて建設する場合は、小のみを建設するのがベスト。 というよりも、中・大はサイズが大きい分資産税も増えるため、建設するメリットがない。

また、2つ建設すれば1日の生産数が貨物列車(10両編成)の積載量と同数になる。 それを考えると、生産と消費のバランスが最もとりやすい。

資材工場(中)

建設費用
約26億
生産数
19個
サイズ
60×100
消費電力
600kwh
最大乗客数
約150人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/文化=小

資材1個あたりの建設費が約1.4億。(小は約1.2億) 1マスあたりの乗客数は50人以下。(小は約80人) なので、全てが小に劣る。 1日の生産量が素数なので、生産と消費のバランスを保つのも難しい。

資材工場(大)

建設費用
約49億
生産数
22個
サイズ
80×120
消費電力
1000kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/文化=小

資材1個あたりの建設費が約2億。(小は約1.2億) 1マスあたりの乗客数は約33人。(小は約80人) なので、同じスペースに小を2つ建設した方が、全ての面でプラスになる。

資材置場(小)

建設費用
約2億
保管数
32個
サイズ
40×40
消費電力
20kwh

最大保管数が32個しかないので、デパート1も建設できない。 なので、街の発展を考えると、配置する価値はない。 ただし、一時的に資材の積み降ろしを行う場合は、保管数が少ない分赤字を減らせる。

資材置場(中)

建設費用
約5億
保管数
72個
サイズ
60×60
消費電力
40kwh

資材置場の中で最も使いにくい。 資材の保管数が中途半端なので、60×60の保護区として、高層マンション超高層ビルの建設予定地に配置するのがベスト。

資材置場(大)

建設費用
約8億
保管数
128個
サイズ
80×80
消費電力
80kwh

最も保管数の多い資材置場。 街を大きく発展させたい場合は、駅の範囲内に3個以上配置すると効果的。 資材を絶やさないことが前提だが、3個以上配置すれば高層マンション6も建設される可能性がある。 超高層ビルが建設された場合も、資材を効率良く供給できる。 駅の真下に1個、範囲内ギリギリの上下左右に各1個の計5個配置すれば、広範囲で街が発展する。

その他の子会社