工業施設(子会社)A列車で行こうExp攻略

プラント

建設費用
約12~33億
必要資材
30~80
サイズ
40×40/60×40/80×40
消費電力
400~1000kwh
最大乗客数
約120~200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=/文化=小

乗客数は小が約120人、中が約160人、大が約200人。 どのサイズも利益率が非常に高いのが特徴。 工業施設の中では1マスあたりの乗客数が多めなので、工業地帯の乗客数を増やしたい時に使える。 乗車時間帯も24時間タイプなので、乗客数を増やしたい場所にまとめて建設すると効果的。

コンビナート

建設費用
約25億
必要資材
60
サイズ
40×60
消費電力
800kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

沿岸部に合う工業施設。 サイズのわりに消費電力が非常に多い。 乗客数は少ないが、24時間乗客が発生する。 ビジネスへの影響が大きいので、配置する価値はある。

陶芸工房

建設費用
約10億
必要資材
10
サイズ
40×40
消費電力
90kwh
最大乗客数
約250人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=/文化=/レジャー=

建設費の安い乗客数の多い子会社。 似たようなタイプの家具工房と合う。 郊外向きの子会社だが、乗客数を考えると駅の範囲内に配置した方が効果的。

家具工房

建設費用
約10億
必要資材
10
サイズ
40×40
消費電力
90kwh
最大乗客数
約350人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=/文化=/レジャー=

小規模の家具工場。 最も建設する価値がある工業施設。 材料の保管場所として、材木置場を隣接させたい。 1マス(40×40)あたりの乗客需要が、工業施設の中で最も多い。 乗車時間帯も24時間タイプで、建設費も安い。 なので、非常に使い勝手が良い。

ワイナリー

建設費用
約22億
必要資材
60
サイズ
40×80
消費電力
500kwh
最大乗客数
約120人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

ワインを生産するための施設。 ペンションオーベルジュホテル教会などに合わせやすい。 利益率は低くないが、乗客数が物足りないので、観光地を演出するためのアイテムと考えた方がよい。 なので、工業地帯には全く合わない。

工場1~4

建設費用
約11~51億
必要資材
30~90
サイズ
40×40/100×100/120×120
消費電力
280~800kwh
最大乗客数
約30~320人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

乗客数は1が約30人、2が約40人、3が約200人、4が約320人。 利益率は高いが、1マスあたりの乗客数が少ないので、配置する価値はない。 3と4はサイズが大きいので、売却で稼げる子会社になる。

材木置場

建設費用
約8億
必要資材
20
サイズ
40×40
消費電力
280kwh
最大乗客数
約30人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

その名の通り材木を置く場所。 家具工房の隣に配置したい。 ただし、Expは材木を資源として取り扱えないので、「材木を運ぶ→家具工房で消費」といったことはできない。

ガスタンク

建設費用
約16億
必要資材
25
サイズ
40×40
消費電力
20kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

プロパンガスの貯蔵タンク。 海沿いの工業地帯を演出するのに欠かせない。 建設費以上の利益を出せる子会社だが、アイテムと考えた方がよい。 4個以上まとめて配置すれば、ある意味どこにでも合う。

倉庫街

建設費用
約18億
必要資材
12
サイズ
80×40
消費電力
50kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
ビジネス=

大正ロマンを感じさせる赤レンガ倉庫。 レンガ建築1レンガ建築2ワイナリーなどの、洋風の建物と合わせやすい。 利益と乗客数が少ないので、街を演出するためのアイテムと考えた方がよい。

造り酒屋

建設費用
約11億
必要資材
20
サイズ
40×60
消費電力
200kwh
最大乗客数
約40人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

蔵で酒を醸造する施設。 都会よりも田舎向き。 温泉宿1弓道場などの、和風の建物と合わせやすい。 アイテム的な子会社なので、利益が少なく、乗客も殆ど発生しない。

バイオプラント

建設費用
約42億
必要資材
70
サイズ
120×80
消費電力
500kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

バイオマスを燃料に変える大型の施設。 利益率は高いが、1マス(40×40)あたりの乗客数が非常に少ない。 なので、駅の範囲内には向かない。 「建設→回収率100%→売却」がベストだと思う。

蒸留所

建設費用
約48億
必要資材
80
サイズ
120×160
消費電力
600kwh
最大乗客数
約300人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

大型のウイスキー工場。 サイズが非常に大きいので、1マスあたりの乗客数は少ない。 利益率が高く、比較的簡単に建設費以上の年間利益を出せる子会社だが、資産税を考えると所有向きではない。

水産試験場

建設費用
約37億
必要資材
50
サイズ
100×80
消費電力
400kwh
最大乗客数
約160人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

水産品の実験施設。 なので、工業地帯向きの施設ではない。 1マス(40×40)あたりの乗客数が少ないので、建設する価値は低い。 利益率は高いが、所有するには物足りない。

紡績工場

建設費用
約60億
必要資材
80
サイズ
100×100
消費電力
300kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

天然繊維から糸をつくるための工場。 周辺環境が良ければ、100億近い年間利益を出せる。 ただし、1マス(40×40)あたりの乗客数が少ないので、建設場所が難しい。

蒸留塔

建設費用
約52億
必要資材
90
サイズ
120×160
消費電力
280kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

ガソリン、灯油などを生産する工業地帯に欠かせない施設。 サイズが大きいので、1マス(40×40)あたりの乗客数は非常に少ない。 景観を無視して周辺環境を良くすれば、建設費以上の年間利益を出す。 ただし、そこまでする価値はない。

化学プラント

建設費用
約52億
必要資材
100
サイズ
160×160
消費電力
400kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

工業地帯の演出に欠かせない石油化学工場。 利益率が高く、周辺環境が良ければ、年間で建設費以上の利益を出せる。 ただし、サイズが大きいので、1マス(40×40)あたりの乗客数は非常に少ない。 なので、建設する価値は低い。

高炉

建設費用
約70億
必要資材
110
サイズ
120×180
消費電力
500kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
9時~17時(工業型
周辺影響
工業=/ビジネス=

鉄鉱石から鉄を取り出す施設。 いわゆる製鉄工場。 工業施設の中で最も大きな利益が出せる。 ただし、1マス(40×40)あたりの乗客数が極端に少ないので、駅の範囲内には建設しづらい。

その他の子会社