住宅(子会社)A列車で行こうExp攻略

マンション1

建設費用
約29億
必要資材
20
サイズ
40×40
消費電力
100kwh
最大乗客数
約80人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=

最もサイズの小さい住宅系だが、1マスあたりの乗客数は高層マンション4よりも多い。 必要資材数が少ないので、超高層マンションよりも建てやすい。 ただし、全ての面で高層マンション6との差は大きい。

マンション2

建設費用
約41億
必要資材
40
サイズ
80×40
消費電力
160kwh
最大乗客数
約120人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=

複数並べて配置すると、大規模なマンションが再現できる。 建設費用、サイズ、資材数を考えると、住宅系で最も使い易い。 ただし、乗客需要と人口に与える影響は、高層マンションに大きく劣る。

マンション3

建設費用
約35億
必要資材
50
サイズ
60×60
消費電力
140kwh
最大乗客数
約140人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=

公園を完備したマンション。 建設費が安く、資材数も少ないので建設しやすい。 高層マンションを除く住宅系の中で、最も最大乗客数が多い。 ただし、1マスあたりの乗客数は、マンション1と大差ない。

マンション(ピロティ式)

建設費用
約35億
必要資材
50
サイズ
60×40
消費電力
200kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
住宅=

ピロティ形式の低層マンション。 1階に駐車スペースがあるので、道路沿いに配置したい。 マンション1マンション2の間のサイズだが、1マスあたりの乗客数は、マンション2よりも多い。

マンション(1階店舗タイプ)

建設費用
約46億
必要資材
70
サイズ
60×60
消費電力
250kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
商業=小/住宅=

1階にファーストフードとスーパーを完備したマンション。 高層マンションと同サイズのわりに乗客数が少なく、利益率も低い。 なので、どちらかというと、売却向きの子会社になる。

団地(小)

建設費用
約20億
必要資材
20
サイズ
40×80
消費電力
110kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
住宅=

建設費が安く、資材数も少ないので建設しやすい。 利益率も高い。 横に2つ以上並べて、それを縦に並べると、巨大な団地が再現できる。 ただし、1マス(40×40)あたりの乗客需要が、半分の約25人しかないので、建設する価値は低い。

団地(大)

建設費用
約28億
必要資材
42
サイズ
80×60
消費電力
190kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
住宅=

サイズが住宅の中で最も大きい。 建設費も安いので、住宅の中では最も売却向きの子会社と言える。 団地(小)よりもサイズが大きいので、縦横に並べて配置しても、バランスが非常に悪い。

住宅1~15

建設費用
約3億
必要資材
5~8
サイズ
40×40
消費電力
20~40kwh
最大乗客数
約15~60人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=小

マップコンストラクションのみ建設可能。 乗客数は戸建てタイプが約15~30人、アパートタイプが約40~60人となる。 駅の範囲内に資材置場(小)が1つしか配置されていない場合は、このタイプの住宅とマンション1団地(小)しか建設されない。

瓦葺家屋1~2

建設費用
約2億
必要資材
6
サイズ
40×40
消費電力
20kwh
最大乗客数
約25人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=小

田舎の金持ちが住んでいそうな、和風建築の住宅。 和風の建物のみを配置したい場合に使える。 乗客数、利益ともに少ないので、アイテム的な子会社と考えた方がよい。

土蔵付家屋1~2

建設費用
約3億
必要資材
11
サイズ
40×40
消費電力
20kwh
最大乗客数
約25人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=小

和風建築の住宅神社天守閣五重塔などの、和風の建物の周辺に並べて建設すると、城下町が再現できる。 ただし、乗客数と利益は少ないので、街を演出するためのアイテムと考えた方がよい。

茅葺農家1~2

建設費用
約5億
必要資材
9
サイズ
40×40
消費電力
20kwh
最大乗客数
約25人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=小

農村を再現したい時に使える、茅葺屋根の農家。 乗客数が少なく、利益も殆ど出ない。 なので、街を演出するためのアイテムと考えた方がよい。

高層マンション1

建設費用
約68億
必要資材
250
サイズ
60×60
消費電力
240kwh
最大乗客数
約300人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=

三角型の高層マンション。 高層マンションの中で最も高さが低い。 最大乗客数が高層マンション5と同等なので、建設費、資材数を考えると意外におすすめ。

高層マンション2

建設費用
約95億
必要資材
270
サイズ
60×60
消費電力
280kwh
最大乗客数
約400人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=

四角型の高層マンション。 50階建てなので、かなりの高さがある。 住宅系の中で高層マンション3高層マンション6の次に乗客数が多い。

高層マンション3

建設費用
約122億
必要資材
380
サイズ
80×60
消費電力
320kwh
最大乗客数
約500人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
文化=小/住宅=

乗客数は住宅系で最大の約500人。 建設費は高層マンション6よりも安いが、サイズが少し大きいので、1マス(40×40)あたりの乗客数の差は大きい。 資材数が非常に多いので建設しづらい。

高層マンション4

建設費用
約54億
必要資材
220
サイズ
80×60
消費電力
280kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
商業=小/文化=小/住宅=

高層マンションの中で最も建設費は安いが、1マス(40×40)あたりの乗客数はマンション1以下。 なので、マンション1を3個建設した方が、駅の乗客需要は増える。 また、サイズが80×60なので、売却向きの子会社とも言える。

高層マンション5

建設費用
約88億
必要資材
280
サイズ
60×60
消費電力
320kwh
最大乗客数
約300人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
商業=小/文化=小/住宅=

これといった特徴がない高層マンション。 建設費、資材数を考えると乗客数が物足りない。 乗客数が同じ約300人の、高層マンション1を建設した方がお得。

高層マンション6

建設費用
約135億
必要資材
330
サイズ
60×60
消費電力
360kwh
最大乗客数
約500人
最多乗車帯
6時~8時(住宅型
周辺影響
商業=小/文化=小/住宅=

住宅系で最も建設費が高い、乗客需要の多い子会社利益の大きい子会社でもある。 人口を増やすのに最適。 まとめて建設することで、バス運行のみでも大きな利益を出せる。(詳細は「高層マンション6で資金と人口を稼ぐ方法」参照)

その他の子会社