ホテル(子会社)A列車で行こうExp攻略

ホテル1

建設費用
約18億
必要資材
38
サイズ
40×40
消費電力
100kwh
最大乗客数
約80人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
商業=小/ビジネス=小/住宅=/文化=小/レジャー=小

小規模なビジネスホテル。 24時間乗客が発生するタイプだが、乗客数は少ない。 利益率が高く、周辺への影響も平均以上なので、建設する価値はある。

ホテル2

建設費用
約28億
必要資材
44
サイズ
40×40
消費電力
150kwh
最大乗客数
約120人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
商業=小/ビジネス=小/住宅=/文化=小/レジャー=小

建設費、乗客数、利益率はオフィスビルと同等だが、24時間乗客が発生するので、建設する価値は高い。 サイズが小さいので、大規模なレジャー施設に隣接させやすい。

ホテル3

建設費用
約79億
必要資材
60
サイズ
60×60
消費電力
200kwh
最大乗客数
約180人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
商業=小/ビジネス=小/住宅=/文化=小/レジャー=小

周辺環境が良ければ、100億以上の年間利益が出る。 乗客数は少ないが、24時間乗客が発生し、周辺に与える影響も大きい。 なので、建設する価値は高い。

ホテル4

建設費用
約67億
必要資材
85
サイズ
60×60
消費電力
300kwh
最大乗客数
約240人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
商業=小/ビジネス=小/住宅=/文化=小/レジャー=小

建設費はホテル3より安いが、乗客数は多く利益も同等。 なので、ホテル系子会社の中で最も使い易い。 周辺に与える影響が大きいレジャー施設に隣接させたい。

ペンション1~6

建設費用
約3~21億
必要資材
8~16
サイズ
40×40
消費電力
20~40kwh
最大乗客数
約20~40人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/文化=小/レジャー=小

乗客数が少ない、郊外向きのホテル系子会社。 5~6は洋風の建物なので、教会風車などに合う。 利益率は高いが、所有する価値はない。

ヴィラ

建設費用
約54億
必要資材
45
サイズ
120×136
消費電力
100kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/文化=小/レジャー=小

水面に配置する子会社なので、利益を増やすことが難しい。 乗客数が少なく、他の子会社を隣接させる事も難しいので、建設する場合は駅の範囲内ギリギリがベスト。 水面に綺麗に配置する方法は、「港を綺麗に配置する方法(水面に配置する子会社)」参照。

温泉宿1

建設費用
約18億
必要資材
22
サイズ
40×40
消費電力
120kwh
最大乗客数
約80人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=小/住宅=小/文化=小/レジャー=小

和風の外観の温泉宿。 なので、五重塔能楽堂などの、和風の建物に合わせやすい。 ただし、乗客数が少なく、周辺に与える影響も小さい。

温泉宿2

建設費用
約28億
必要資材
55
サイズ
60×40
消費電力
200kwh
最大乗客数
約160人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=小/住宅=小/文化=小/レジャー=小

少し近代的な建物なので、和風の建物と合わせにくい。 利益率は高いが、乗客数は平均以下なので、都会よりも郊外向き。 周辺に与える影響も小さい。

民宿

建設費用
約6億
必要資材
15
サイズ
40×40
消費電力
30kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/文化=小/レジャー=小

茅葺屋根の宿。 乗客数が少ないので、利益が発生する郊外向きのアイテムと考えた方がよい。 茅葺農家に合わせやすい。

モーテル

建設費用
約8億
必要資材
60
サイズ
40×40
消費電力
20kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/文化=小/レジャー=小

海外でよく見かける駐車場付きの宿泊施設。 日本の場合は、どうしても如何わしいホテルに見えてしまう。 乗客数が非常に少ないので郊外向き。 必要資材が意外に多い。

デザイナーズホテル

建設費用
約39億
必要資材
150
サイズ
80×80
消費電力
100kwh
最大乗客数
約200人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
商業=小/ビジネス=小/住宅=/文化=小/レジャー=小

ディズニーリゾートにあるホテルに似た外観。 建設費が意外に安い。 24時間乗客が発生するタイプだが、サイズが大きいので、1マスあたりの乗客数は少ない。

オーベルジュホテル

建設費用
約27億
必要資材
85
サイズ
40×60
消費電力
250kwh
最大乗客数
約240人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
商業=小/ビジネス=小/住宅=/文化=小/レジャー=小

湖畔など、郊外の自然の多い場所に合うホテル。 建設費はホテル2と同等だがサイズが少し大きい。 24時間乗客が発生するので、都会に建設するのもアリだと思う。

山小屋

建設費用
約2億
必要資材
5
サイズ
40×40
消費電力
20kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/文化=小/レジャー=小

自然の多い郊外向けの宿泊施設。 利益が発生するアイテムと考えよう。 なので、建設後に即売却もアリだと思う。 ペンションキャンプ場に合う。

キャンプ場

建設費用
約3億
必要資材
8
サイズ
80×80
消費電力
20kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/文化=小/レジャー=小

小さなコテージを完備したキャンプ施設。 サイズが大きく建設費が安いので、売却で稼げる子会社。 最近は都会にもこういった施設が多数あるので、それを再現すれば、売却で100億以上の利益が出る。

ドライブイン

建設費用
約29億
必要資材
60
サイズ
120×80
消費電力
100kwh
最大乗客数
約500人
最多乗車帯
12時/19時(商業昼型
周辺影響
商業=/ビジネス=小/住宅=小/文化=小/レジャー=小

宿泊施設を完備したサービスエリア。 ホテルというよりも、店舗といった感じ。 サイズが大きいので、1マス(40×40)あたりの乗客数は非常に少ない。

シップホテル

建設費用
約67億
必要資材
90
サイズ
120×77
消費電力
250kwh
最大乗客数
約500人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/ビジネス=小/住宅=小/文化=小/レジャー=小

船の形をした利益率の高いホテル。 ただし、水面のみ配置可能なので、利益を増やすことが非常に難しい。 高速インターの近くで、こういった形の如何わしいホテルをよく見かけるが、それとは別物。 水面に綺麗に配置する方法は、「港を綺麗に配置する方法(水面に配置する子会社)」参照。

その他の子会社