港(子会社)A列車で行こうExp攻略

旅客港

建設費用
約55億
必要資材
75
サイズ
120×100
消費電力
200kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
9時/13時/19時(港型
周辺影響
住宅=小/商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=小

沿岸にのみ建設できる利益の大きい子会社。(建設方法は「港を綺麗に配置する方法」参照) 利益率は全子会社の中で最も高い。 船の種類と運行頻度が売上に大きく影響し、当たりを引けば600億以上の年間利益を出す。 マップ端に近い場所に建設することで、当たりを引く確率が上がる。

マップに4個までしか建設できないが、その4個の合計で2000億以上の年間利益を出せる。 なので、建設場所が非常に重要。

コンテナ港

建設費用
約65億
必要資材
60
サイズ
120×100
消費電力
300kwh
最大乗客数
約120人
最多乗車帯
9時/13時/19時(港型
周辺影響
住宅=小/商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=小

資材の積み降ろしができる港。 各マップに4個まで建設できる。(建設方法は「港を綺麗に配置する方法」参照) コンテナ船の積載量は30個。 365日休みなく運航する。 そのため、資材の生産数と消費数の調整が難しく、輸出する資材がなくなると輸入を繰り返し赤字になる。

なので、ダイヤ設定が可能な貨物列車の方が断然使いやすい。 また、マップ端からの距離が運航頻度に影響する。 遠いと2~3日に1回程度しか運航しない。

ヘリポート

建設費用
約10億
必要資材
10
サイズ
40×60
消費電力
200kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
9時/13時/19時(港型
周辺影響
住宅=小/商業=小/ビジネス=小/文化=小/レジャー=小

旅客用のヘリポート。 各マップに4個まで配置可能。 高度制限があるので、近くに高い建物があるとヘリが降りれなくなる。 黒字になりやすい子会社だが、利益は少ない。

灯台

建設費用
約7億
必要資材
30
サイズ
40×40
消費電力
400kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/商業=小/ビジネス=小/文化=小/レジャー=小

海の近くに合う施設だが、何もない場所に建設すると赤字を垂れ流す。 周辺に与える影響が小さく、利益も少ないので、アイテム的な子会社と考えた方がよい。

漁港

建設費用
約18億
必要資材
40
サイズ
160×116
消費電力
30kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=小/レジャー=小

卸売市場の近くに合う建物。 旅客港コンテナ港とは違い、浅瀬でも建設できる。(建設方法は「港を綺麗に配置する方法」参照) 所有ができないので、乗客の発生するアイテムと考えた方がよい。

その他の子会社