娯楽施設(子会社)A列車で行こうExp攻略

アミューズメント施設

建設費用
約18億
必要資材
50
サイズ
40×40
消費電力
200kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
レジャー=

ROUND1のような複合アミューズメント施設。 大型ビジョン付き建物歓楽街ビルなどの、繁華街向きのビルに合わせやすい。 乗客数が少なく周辺に与える影響も小さいが、利益率は高い。

ゲームセンター

建設費用
約12億
必要資材
14
サイズ
60×60
消費電力
100kwh
最大乗客数
約20人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
レジャー=

かなり派手な外観なので、他の建物に合わせづらい。 乗客数が非常に少ないので郊外向きだが、郊外に建設すると○○ホにしか見えない。

銭湯

建設費用
約12億
必要資材
20
サイズ
40×40
消費電力
20kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=小/文化=小/レジャー=小

下町に合いそうな銭湯。 なので、下町商店街に合う。 1マスあたりの乗客数は平均的だが、乗客が発生する時間が短いので、建設する価値は殆どない。

スーパー銭湯

建設費用
約21億
必要資材
34
サイズ
80×60
消費電力
200kwh
最大乗客数
約30人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
レジャー=

乗客が発生する時間が短く、乗客数は通常の銭湯よりも少ない。 サイズが大きいので売却で稼げる子会社だが、それ以外の用途では建設するメリットがない。 もう少し和風の建物にしてほしかった。

レジャー牧場

建設費用
約10億
必要資材
27
サイズ
60×80
消費電力
100kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
農業=小/住宅=小/商業=小/ビジネス=/文化=小/レジャー=

サイズが大きく建設費が安い。 なので、売却で稼げる子会社キャンプ場ペンションなどの、自然の多い場所向きの子会社に合わせやすい。

遊園地1

建設費用
約37億
必要資材
150
サイズ
100×40
消費電力
300kwh
最大乗客数
約550人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/ビジネス=/文化=/レジャー=

観覧車のみの遊園地。 他の遊園地よりもサイズが小さいので配置しやすい。 乗客数が多く、周辺への影響も大きい。 なので、駅の範囲内に必ず配置しておきたい。

遊園地2

建設費用
約48億
必要資材
180
サイズ
100×100
消費電力
350kwh
最大乗客数
約650人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/ビジネス=/文化=/レジャー=

火山の形をしたアトラクション。 遊園地3を隣接させたい。 乗客数が多く、周辺への影響も大きいが、サイズのわりに利益が少ないので、所有よりも売却向きの子会社

遊園地3

建設費用
約57億
必要資材
250
サイズ
100×100
消費電力
350kwh
最大乗客数
約750人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/ビジネス=/文化=/レジャー=

ジェットコースター、メリーゴーランド、バイキングなど、王道のアトラクションが3つ確認できる。 なので、見た目が最も遊園地らしい。 乗客数は多いが、このサイズに見合った利益は難しいので、所有よりも売却向きだと思う。

カジノ

建設費用
約91億
必要資材
310
サイズ
80×100
消費電力
500kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
住宅=小/商業=小/ビジネス=/文化=/レジャー=

ホテル風のカジノ。 周辺環境が良ければ、年間で100億以上の利益を出せる。 ただし、乗客数が極端に少ないので、非常に使いづらい。

サーカス

建設費用
約19億
必要資材
100
サイズ
80×40
消費電力
200kwh
最大乗客数
約550人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/ビジネス=小/文化=/レジャー=

建設費が安い乗客需要の多い子会社。 昼間の乗客数を増やしたい場合は、レジャー系施設の中で最もおすすめ。 遊園地1の隣に合う。

カラオケ

建設費用
約18億
必要資材
30
サイズ
40×40
消費電力
100kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
ビジネス=小/文化=小/レジャー=

繁華街に合う大型のカラオケ店。 アミューズメント施設歓楽街ビルなどと合わせやすい。 24時間乗客が発生するタイプだが、乗客数が少なすぎる。

遊技場

建設費用
約22億
必要資材
40
サイズ
40×40
消費電力
160kwh
最大乗客数
約80人
最多乗車帯
12時/22時(レジャー24時間型
周辺影響
ビジネス=小/文化=小/レジャー=

いわゆるパチンコ屋。 繁華街に合わせやすい。 カラオケよりも乗客数が多く、24時間乗客が発生するので、配置する価値はそこそこある。 利益率も高い。

釣堀

建設費用
約7億
必要資材
20
サイズ
40×40
消費電力
70kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
ビジネス=小/文化=小/レジャー=

川沿いに合う娯楽施設。 乗客数が少なく利益も殆ど出ないので、配置する価値はない。 利益の出るアイテムと考えた方がよい。

ミニサーキット

建設費用
約34億
必要資材
90
サイズ
120×100
消費電力
150kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
ビジネス=小/文化=小/レジャー=

遊園地3動物園などの、大型の娯楽施設に合わせやすい。 ただし、1マス(40×40)あたりの乗客数が6人以下なので、建設する価値はない。 サイズが大きいので、売却で稼ぐことは可能。

フィールドアスレチック

建設費用
約12億
必要資材
50
サイズ
80×40
消費電力
100kwh
最大乗客数
約50人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
ビジネス=小/文化=小/レジャー=

大型のアスレチック施設。 同サイズのサーカスプールなどと合わせやすいが、この2つに乗客数は大きく劣る。 なので、建設する価値はない。

動物園

建設費用
約48億
必要資材
80
サイズ
120×100
消費電力
70kwh
最大乗客数
約400人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/文化=小/レジャー=小

サイズが大きいので、1マス(40×40)あたりの乗客数は非常に少ない。 周辺に与える影響も小さいので、建設する場所が難しい。 遊園地映画村などの、サイズの大きい娯楽施設と合わせやすい。 ただし、それをやってしまうと、周辺から得られるプラス効果が少ないので、利益も少なくなる。

地方競馬場

建設費用
約135億
必要資材
700
サイズ
160×200
消費電力
100kwh
最大乗客数
約500人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/文化=小/レジャー=

周辺環境が良ければ、年間で200億以上の利益を出せる利益の大きい子会社娯楽施設の中で、最も大きな利益を出せる。 それを実現するには超高層ビルなどの、周辺への影響が大きい施設を複数隣接させる必要がある。 また、サイズが非常に大きいので、1マス(40×40)あたりの乗客数は25人しかいない。

祭り

建設費用
約3億
必要資材
7
サイズ
60×40
消費電力
80kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
農業=小/商業=小/ビジネス=小/文化=/レジャー=小

神社の隣に配置したい娯楽施設下町商店街にも合う。 乗客数は平均以下だが、建設費が安いので配置しやすい。 ただし、利益が殆ど出ないので、建設後は売却が妥当。

映画村

建設費用
約48億
必要資材
30
サイズ
120×160
消費電力
400kwh
最大乗客数
約100人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
農業=小/商業=小/ビジネス=小/文化=/レジャー=小

和風の建物なので、天守閣(白)天守閣(黒)などに合わせやすい。 周辺環境が良ければ100億近い年間利益を出せる。 ただし、1マス(40×40)あたりの乗客数が約8人と極端に少ない。 なので、駅の範囲内には建設しづらい。

西洋風テーマパーク

建設費用
約200億
必要資材
750
サイズ
249×360
消費電力
600kwh
最大乗客数
約650人
最多乗車帯
12時~19時(レジャー昼型
周辺影響
商業=/ビジネス=/文化=/レジャー=

ディズニーシーのような、海をテーマにした遊園地。 レンガ建築1レンガ建築2ビッグ・ベンなどの、洋風の建物に合わせやすい。 周辺にライトアップ街路樹を並べて配置するとイイ感じになる。

水面に配置する子会社なので売上を増やすことが難しく、200億の建設費に見合った利益は期待できない。 建設方法は「港を綺麗に配置する方法(水面に配置する子会社)」参照。

その他の子会社